FC2ブログ
プロフィール

お芋

Author:お芋
お芋です。

タイトルの数字は西暦と月日です。

【使用カメラ】
CanonEOS7D MarkII
(2015年11月15日以降メイン稼働)

CanonEOS7D


【お芋'sレンズ】
Canon EF400mmF2.8L
(2012年5月2日以降メイン稼働)

CanonEF400mmF5.6

CanonEF600mmF4L
(2012年4月30日まで)

Canon EXTENDER EF2×Ⅱ

Canon EXTENDER EF1.4×Ⅲ

CanonEFS18-135mm


★記事の内容に間違いがございましたら、ご指摘をお願い致します。

★大切な画像たちです。
無断でのリンクや画像の利用はご遠慮ください。
よろしくお願い致します。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
未分類 (2)
猫 (36)
航空自衛隊 (18)
海上自衛隊 (4)
陸上自衛隊 (0)
自衛隊 基地祭 (13)
ミリタリー(自衛隊以外) (1)
飛ぶもの(ミリタリーを除く) (2)
植物 (3)
その他生物 (6)
風景 (2)
月 (5)
川 (0)
海 (0)
骨-ミサゴ (2)
猛禽類(複数種) (5)
野鳥-キジ目キジ科 (4)
野鳥-カモ目カモ科 (14)
野鳥-カイツブリ目カイツブリ科 (3)
野鳥-ハト目ハト科 (4)
野鳥-カツオドリ目カツオドリ科 (1)
野鳥-カツオドリ目ウ科 (3)
野鳥-ペリカン目サギ科 (67)
野鳥-ペリカン目トキ科 (8)
野鳥-ツル目ツル科 (0)
野鳥-ツル目クイナ科 (8)
野鳥-アマツバメ目アマツバメ科 (2)
野鳥-チドリ目チドリ科 (12)
野鳥-チドリ目セイタカシギ科 (11)
野鳥-チドリ目シギ科 (87)
野鳥-チドリ目タマシギ科 (6)
野鳥-チドリ目カモメ科 (31)
野鳥-タカ目ミサゴ科 (15)
野鳥-タカ目タカ科 (22)
野鳥-フクロウ目フクロウ科 (2)
野鳥-ブッポウソウ目カワセミ科 (0)
野鳥-キツツキ目キツツキ科 (0)
野鳥-ハヤブサ目ハヤブサ科 (2)
野鳥-スズメ目サンショウクイ科 (1)
野鳥-スズメ目サンコウチョウ科 (0)
野鳥-スズメ目モズ科 (2)
野鳥-スズメ目カラス科 (4)
野鳥-スズメ目ツリスガラ科 (1)
野鳥-スズメ目シジュウカラ科 (2)
野鳥-スズメ目ヒバリ科 (1)
野鳥-スズメ目ツバメ科 (1)
野鳥-スズメ目ヒヨドリ科 (2)
野鳥-スズメ目ウグイス科 (0)
野鳥-スズメ目エナガ科 (0)
野鳥-スズメ目メジロ科 (1)
野鳥-スズメ目ヨシキリ科 (2)
野鳥-スズメ目セッカ科 (3)
野鳥-スズメ目ムクドリ科 (0)
野鳥-スズメ目ヒタキ科 (10)
野鳥-スズメ目スズメ科 (5)
野鳥-スズメ目セキレイ科 (4)
野鳥-スズメ目アトリ科 (4)
野鳥-スズメ目ホオジロ科 (5)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

スナメリ 20181104

Tue.13.11.2018 0 comments
CanonEOS7D MarkII
Canon EF400mmF2.8L USM
Canon EXTENDER EF1.4×Ⅲ

※似たような写真ばかりですが、すべて異なるショットです※


小さな入り江に入ってきたスナメリです。
少なくとも2頭いました。

218A5743.jpg


218A5747.jpg


218A5749.jpg


218A5753.jpg


ジャンプはほとんどしないらしいので、
全身を見ることはできませんが、
この日、私は初めてスナメリの頭部を見ることができました。
(いつも背中ばかりだったのだ)


そのスナメリの少し先を、
海面から飛び上って逃げるサヨリ!
218A5765.jpg

218A5764_20181112230610d8a.jpg

母に話したら、
「あら!サヨリ好きなんよ!サヨリ~好きなんよ~」
と、何度も言っていたので、
今度、釣りに行こうと思います(カメラも忘れずに!)


218A5790.jpg

そして、よ~く見ると、
背中のキールのところがギザギザしています。
これは、感覚器官のようなものらしいです。
拡大すればなんとなくそのように見えるけど、
意識してシャッターを押してないので、ピントがいまいち(今後の課題ですね)
218A5804.jpg

218A5805.jpg

218A5807.jpg

218A5823.jpg



さて、ここからは
上記の2個体を見た入江とは別の場所になります。

私がいつも鳥を見ている干潟です。
満潮になるとスナメリが入ってきます。

今まで見てきたスナメリは、
複数個体いても、それぞれが単独にポツリポツリと背中を見せていたのですが、
この日は違いました!

218A6043.jpg

218A6046.jpg

ちょっと、比較になるようなものが一緒に写せたら良かったのですが・・・・

水面をかなり大きな波が一気に沖から押し寄せてきました!!!
明らかに何か巨大なもの(群れ)がすごいスピードでやってきている!

頭ではスナメリとわかっているのですが、
なんとも言えない興奮と、ありえないような妄想がブクブクわいてきて、
一人でウオォウォ!叫びながらシャッターを切りました。

(どーしよー!ネッシーみたいなのがドッバーン!て出てきたら!とか、
シャチがジャンプしたらどうしよーー!とか、鯨だったら!とか、もうありとあらゆる妄想。。。。。)

波の正体はやはりスナメリ。
最低でも3頭、でも確実にそれ以上の存在を示しながら、
海水面より上に姿を出さずに水面下ギリギリを右往左往に狩りをしているようでした。

想像ですが、
魚の大きな群れを追うときは、スナメリも群れで追って、
水面より上に背中を出すことなく水中ですべて完結させているのではないだろうか・・・・・

入り江で見た光景や、これまで見たことのあるスナメリの狩りの仕方とは
明らかにスピード感とか、動きの幅、方向が違いました。

これは動画にすべきだった!!!




スナメリが来たら、毎回私の声を聞かせていたら
覚えてくれるのだろうか・・・・

最近できるようになったホーミーなら、
彼らの会話に近づけないだろうか・・・・

いやいや、そっと観察するだけにしておこう・・・・



218A6070.jpg




« アオアシシギ 20181029 - Home - クロツラヘラサギ(成鳥と若鳥) 20181104 »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop