プロフィール

お芋

Author:お芋
お芋です。

タイトルの数字は西暦と月日です。

【使用カメラ】
CanonEOS7D MarkII
(2015年11月15日以降メイン稼働)

CanonEOS7D


【お芋'sレンズ】
Canon EF400mmF2.8LⅡ
(2012年5月2日以降メイン稼働)

CanonEF400mmF5.6

CanonEF600mmF4L
(2012年4月30日まで)

Canon EXTENDER EF2×Ⅱ

Canon EXTENDER EF1.4×Ⅲ

CanonEFS18-135mm


★記事の内容に間違いがございましたら、ご指摘をお願い致します。

★へたくそなりに大切な画像たちです。
ご利用希望の方はお知らせください。
リンクや画像のご利用希望の場合は、メールフォームよりメッセージをくださいませ。
よろしくお願い致します。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
未分類 (5)
猫 (36)
航空自衛隊 (23)
海上自衛隊 (2)
陸上自衛隊 (0)
ミリタリー(自衛隊以外) (1)
飛ぶもの(ミリタリーを除く) (1)
植物 (24)
その他生物 (5)
風景 (3)
月 (5)
川 (1)
海 (1)
猛禽類(複数種) (4)
野鳥-キジ目キジ科 (4)
野鳥-カモ目カモ科 (14)
野鳥-カイツブリ目カイツブリ科 (3)
野鳥-ハト目ハト科 (4)
野鳥-カツオドリ目カツオドリ科 (1)
野鳥-カツオドリ目ウ科 (2)
野鳥-ペリカン目サギ科 (61)
野鳥-ペリカン目トキ科 (7)
野鳥-ツル目ツル科 (0)
野鳥-ツル目クイナ科 (8)
野鳥-アマツバメ目アマツバメ科 (2)
野鳥-チドリ目チドリ科 (11)
野鳥-チドリ目セイタカシギ科 (11)
野鳥-チドリ目シギ科 (73)
野鳥-チドリ目タマシギ科 (1)
野鳥-チドリ目カモメ科 (24)
野鳥-タカ目ミサゴ科 (16)
野鳥-タカ目タカ科 (21)
野鳥-フクロウ目フクロウ科 (2)
野鳥-ブッポウソウ目カワセミ科 (0)
野鳥-キツツキ目キツツキ科 (0)
野鳥-ハヤブサ目ハヤブサ科 (2)
野鳥-スズメ目サンショウクイ科 (1)
野鳥-スズメ目サンコウチョウ科 (0)
野鳥-スズメ目モズ科 (2)
野鳥-スズメ目カラス科 (4)
野鳥-スズメ目ツリスガラ科 (1)
野鳥-スズメ目シジュウカラ科 (2)
野鳥-スズメ目ヒバリ科 (1)
野鳥-スズメ目ツバメ科 (1)
野鳥-スズメ目ヒヨドリ科 (2)
野鳥-スズメ目ウグイス科 (0)
野鳥-スズメ目エナガ科 (0)
野鳥-スズメ目メジロ科 (1)
野鳥-スズメ目ヨシキリ科 (2)
野鳥-スズメ目セッカ科 (3)
野鳥-スズメ目ムクドリ科 (0)
野鳥-スズメ目ヒタキ科 (10)
野鳥-スズメ目スズメ科 (5)
野鳥-スズメ目セキレイ科 (4)
野鳥-スズメ目アトリ科 (4)
野鳥-スズメ目ホオジロ科 (5)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ヒクイナ 20130901

Mon.16.09.2013 0 comments
CanonEOS7D
Canon EF400mmF2.8LⅡ
Canon EXTENDER EF2×II






IMG_1365 at
※トリミング&トーン補正しました。



【観察状況】
休耕田のシギたちを撮影中、日が陰って薄暗くなった頃にすぐ目の前の水田から出てきました。
この日は、日中からヒクイナの声が聞こえていました。
声は徐々に近づいて来ていたので、車から降りずにじっと身を潜めておりました。
雨天で日没前とあって、もう撮影できても補正しないと見られないな~という暗さでした。
すぐ目の前の稲刈り前の水田でガサゴソと音がします。
てっきりイタチと思ったら、出てきたのはヒクイナでした。
こちらに気づかず、倒れたイネの上を、尾をピンッピンッとさせて歩いてましたが、
再びイネの中へと消えていきました。



IMG_1372 at
※トリミング&トーン補正しました。












 ※今回は写りが悪いので、ちゃんとした姿はこちらをどうぞ
  →「ヒクイナ 20120518」
  →「ヒクイナ 20120516」



あまりオープンエリアに出てくる鳥ではないので、
いつもヒクイナに遭遇するとものすごくラッキーな気分になれます。
写真で見ると地味な鳥ですが、
実際に明るい場所で見ると鮮やかな赤茶色と赤い瞳が印象的な鳥です。
尾をピンッ!ピンッ!として歩くのですが、
その様子が『しっぽの短いご機嫌猫』のようで、とてもとても好きな鳥です。

私が住んでいる北九州市小倉南区では、4月から5月にかけて、
水田のある場所であれば毎晩あちこちで鳴き声が聞こえます。
「キョ・・・キョ・・・キョ・・キョキョキョ・・・」とテンポが速くなる声や、
「クピッ!・・クピッ!・・」と複数個体で鳴き交わします。
6月に入る頃には、鳴き声は聞こえなくなりますが、
繁殖が順調に進んでいるんだな~とうれしくなります。





« バン 20130901 - Home - コアオアシシギ 20130901 »

0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop