プロフィール

お芋

Author:お芋
お芋です。

タイトルの数字は西暦と月日です。

【使用カメラ】
CanonEOS7D MarkII
(2015年11月15日以降メイン稼働)

CanonEOS7D


【お芋'sレンズ】
Canon EF400mmF2.8LⅡ
(2012年5月2日以降メイン稼働)

CanonEF400mmF5.6

CanonEF600mmF4L
(2012年4月30日まで)

Canon EXTENDER EF2×Ⅱ

Canon EXTENDER EF1.4×Ⅲ

CanonEFS18-135mm


★記事の内容に間違いがございましたら、ご指摘をお願い致します。

★へたくそなりに大切な画像たちです。
ご利用希望の方はお知らせください。
リンクや画像のご利用希望の場合は、メールフォームよりメッセージをくださいませ。
よろしくお願い致します。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
未分類 (5)
猫 (35)
航空自衛隊 (23)
海上自衛隊 (2)
陸上自衛隊 (0)
ミリタリー(自衛隊以外) (1)
飛ぶもの(ミリタリーを除く) (1)
植物 (24)
その他生物 (5)
風景 (3)
月 (5)
川 (1)
海 (1)
猛禽類(複数種) (4)
野鳥-キジ目キジ科 (4)
野鳥-カモ目カモ科 (14)
野鳥-カイツブリ目カイツブリ科 (3)
野鳥-ハト目ハト科 (4)
野鳥-カツオドリ目カツオドリ科 (1)
野鳥-カツオドリ目ウ科 (2)
野鳥-ペリカン目サギ科 (61)
野鳥-ペリカン目トキ科 (7)
野鳥-ツル目ツル科 (0)
野鳥-ツル目クイナ科 (8)
野鳥-アマツバメ目アマツバメ科 (2)
野鳥-チドリ目チドリ科 (11)
野鳥-チドリ目セイタカシギ科 (11)
野鳥-チドリ目シギ科 (73)
野鳥-チドリ目タマシギ科 (1)
野鳥-チドリ目カモメ科 (24)
野鳥-タカ目ミサゴ科 (16)
野鳥-タカ目タカ科 (21)
野鳥-フクロウ目フクロウ科 (2)
野鳥-ブッポウソウ目カワセミ科 (0)
野鳥-キツツキ目キツツキ科 (0)
野鳥-ハヤブサ目ハヤブサ科 (2)
野鳥-スズメ目サンショウクイ科 (1)
野鳥-スズメ目サンコウチョウ科 (0)
野鳥-スズメ目モズ科 (2)
野鳥-スズメ目カラス科 (4)
野鳥-スズメ目ツリスガラ科 (1)
野鳥-スズメ目シジュウカラ科 (2)
野鳥-スズメ目ヒバリ科 (1)
野鳥-スズメ目ツバメ科 (1)
野鳥-スズメ目ヒヨドリ科 (2)
野鳥-スズメ目ウグイス科 (0)
野鳥-スズメ目エナガ科 (0)
野鳥-スズメ目メジロ科 (1)
野鳥-スズメ目ヨシキリ科 (2)
野鳥-スズメ目セッカ科 (3)
野鳥-スズメ目ムクドリ科 (0)
野鳥-スズメ目ヒタキ科 (10)
野鳥-スズメ目スズメ科 (5)
野鳥-スズメ目セキレイ科 (4)
野鳥-スズメ目アトリ科 (4)
野鳥-スズメ目ホオジロ科 (5)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

アオバズク(写真なし) 20130503

Sat.04.05.2013 2 comments
ご無沙汰しております。お芋です。


2013年5月3日23時頃、
今年初の、アオバズクの鳴き声を確認しました。

毎年夏にやってくるフクロウの仲間です。
フクロウよりも小さくて、
目が大きな可愛らしいフクロウの仲間です。


ついに夏がやってきましたね。
お芋にとって、アオバズクの声は夏の訪れを知らてくれる声です。


アオバズクは、「ホッホー ホッホー」と電柱の上で繰り返し鳴いていました。
シルエットらしきものはあったものの、動かなかったのではっきり断定できぬまま。

お芋の近所にやってくるアオバズクは、ご近所の電柱を転々とし、
街灯に集まる昆虫を食べたりしています。
以前から巣を探していますが、めぼしい洞はすべてハズレ。
さらに、ここ数年でお寺の木が切られたり、
民家の大木(洞がある)が枝打ちされてカラスが陣取ったりしてしまい、
ちょっと行動範囲が変わったようなので、探す範囲を広げてみようかと思います。


下記の「続きを読む」をクリックすると、
その後の確認状況を追記しております。
写真が撮れるまでは、この追記に書き足していきます。
文字ばかりで面白くないですが、興味のある方はどうぞ・・・。






~おまけ~
 パジャマで録音機を片手に電柱の下に立っていたら、
 同じように電柱を見上げる男性が一人・・
 声をかけてみたら、幼稚園で一緒だった同級生でした(笑)
 暗がりだし、話すのは(たぶん)幼稚園以来なので、
 名前を聞くまでまったく気づかず・・。
 
 





写真はないので、ポチはお休み。

【追記】
以下は追記です。
写真か動画に納めるまでは、この追記に確認状況を記録してみます。
お芋は今年の夏だけ、本職を一旦休業し、近くの工場に夜間勤務に出ています。
お芋が聞き逃した時は、姉と母が翌日報告してくれます。



5月9日23:30頃(昼間から晴れ)
 お芋宅の至近で元気よく鳴いていたそうだ・・。
 (姉&母情報)

5月10日01:30頃(昼間から晴れ)
 仕事から帰宅した時、お芋宅横の木をかすめるように
 音もなく通過した鳥を確認。
 大きさ、羽音がなかったことから、アオバズクと推定。

5月12日23:00頃(昼間から晴れ)
 お芋宅の少し南側の個人宅のお庭(大木がある)方向から
 鳴き声のみを確認。

5月15日23:00頃(昼間から晴れ)
 お芋宅横の実家電柱に止まり、鳴いていた。
 母が歯ブラシを加えたまま出てみると、姿を見ることが出来たとのこと。
 ただし、暗くて黒いシルエットでしかわからなかったらしい。

5月16日00:35~(昼間から晴れ)
 お芋宅の北側と南側でそれぞれ1羽ずつが鳴き交わす。
 距離があるため、遠方の個体同士がコミュニケーションをしていたようだ。
 お芋宅北西側の神社方向から聞こえるため、神社へ散歩がてら行ってみた。
 神社の横にある電柱に止まり鳴いていたが、しばらくして神社の林に移動して
 再び鳴き続けた。
 その後、神社南側(お芋宅からは西方向)に鳴き声が移動していった。
 この時点でも、南方から別の個体の声が聞こえていたので、
 北側の個体が南側の個体に近づいていったように思えた。
 2個体合流するかしないかはっきりしないまま、声が聞こえなくなった(01:30)
 「ホッホ ホッホ」を繰り返すが、トーン変わらず。

 おまけ:今年初のホトトギスの鳴き声が、お芋宅上空から聞こえました(01:40)。

5月18日19:00頃(昼間から晴れ)
 お芋宅南側の屋敷林(Iさんち)とお芋宅の間くらいで鳴き始めた。
 (母&姉情報)

5月19日03:00~(昼間から晴れ)
 お芋宅の西側の電柱に止まって鳴き始めた。
 北向きに止まって鳴き、時々振り返って南向きに鳴く(目視確認)。
 5分ほど鳴き続けた後、お芋宅南側の屋敷林(Iさんち)に移動して鳴く。
 その30分後、再びお芋宅の西側に来て鳴いていたが、声のみの確認のため、
 03:40移行の消息は不明。
 「ホッホ ホッホ」の2回目のホッホは音が高くなる。

5月20日 確認なし22:17(昼間から晴れ)
 Iさんちの屋敷林方向から鳴き声(姉が確認)。
 
 夜勤がお休みだったので、夕方から神社とIさんちの屋敷林を探索しました。
 どちらの林にも、営巣可能な洞があります。
 でも、アオバズクは確認できませんでした。夜の鳴き声もなしでした。
 ※Iさんちの屋敷林は塀のそとから見上げて探索。
  やはり枝打ちがはいったため、洞が外から丸見えです。
  カラスの巣がかかっていて、ハシボソガラス2羽が周辺に居着いているので、
  Iさんちの屋敷林でのアオバズク営巣は可能性が低いかもしれません。 

5月22日 23:35(昼間から晴れ)
 Iさんちの屋敷林方向から鳴き声確認(姉が確認)。

5月29日 03:00~04:30(昼間から雨・夜間は時々雨)
 お芋宅西側一帯をウロウロしながら鳴いているようだった。
 今まで聞いていた声よりすこしテンポが速くなっていて、音が高い。
 時々声がかすれたようになることもあった。
 外に出て探したが、いつも止まっている電柱や周辺の電柱・屋根に姿なし。
 お芋宅西隣の庭木の中か?

5月30日 02:30~(昼間から雨時々曇り)
 お芋宅西側一帯から鳴き声のみを確認。すこしテンポが速く音が高い。
 数分鳴いたのち、静かになった。

5月31日 03:50~(天候・・・忘れた)
 Iさんち方向から鳴き声のみを確認(姉が確認)。

5月31日 20:40~(天候・・・忘れた)
 お芋宅西側一帯から鳴き声のみを確認。Iさんち方向へ移動(姉が確認)。

6月1日 03:00~(昼間から雨時々曇り)
 お芋宅西側一帯から鳴き声のみを確認。

6月2日 確認なし(晴れ)
 お芋宅周りの電柱直下に脱糞跡あり。カラスが頻繁に止まる電柱以外は
 アオバズクのものの可能性あり。
 Iさんちの屋敷林を早朝に見張っているが、なかなか姿を見つけられない。
 (洞があるものの、出入りは未確認。
  カラスの古巣があるので、それを利用しているかも・・・)

6月4日 03:30~(昼間から晴れ)
 お芋宅西側一帯から鳴き声のみを確認。

« ゲンゲ 20130329 - Home - アオサギ 2013 3月下旬 »

2 comments
狭いね!
まさかの同級生!!
笑った~
カバ丸1号様へ
訪問&コメントありがとうございました♪
笑えるでしょ~~。
怪しまれないように動いていたのが、余計にはずかしい(笑)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

topTop