プロフィール

お芋

Author:お芋
お芋です。

タイトルの数字は西暦と月日です。

【使用カメラ】
CanonEOS7D MarkII
(2015年11月15日以降メイン稼働)

CanonEOS7D


【お芋'sレンズ】
Canon EF400mmF2.8LⅡ
(2012年5月2日以降メイン稼働)

CanonEF400mmF5.6

CanonEF600mmF4L
(2012年4月30日まで)

Canon EXTENDER EF2×Ⅱ

Canon EXTENDER EF1.4×Ⅲ

CanonEFS18-135mm


★記事の内容に間違いがございましたら、ご指摘をお願い致します。

★大切な画像たちです。
無断でのリンクや画像の利用はご遠慮ください。
よろしくお願い致します。

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
未分類 (2)
猫 (36)
航空自衛隊 (24)
海上自衛隊 (4)
陸上自衛隊 (0)
ミリタリー(自衛隊以外) (1)
飛ぶもの(ミリタリーを除く) (2)
植物 (3)
その他生物 (4)
風景 (2)
月 (5)
川 (0)
海 (0)
骨-ミサゴ (2)
猛禽類(複数種) (5)
野鳥-キジ目キジ科 (4)
野鳥-カモ目カモ科 (14)
野鳥-カイツブリ目カイツブリ科 (3)
野鳥-ハト目ハト科 (4)
野鳥-カツオドリ目カツオドリ科 (1)
野鳥-カツオドリ目ウ科 (3)
野鳥-ペリカン目サギ科 (66)
野鳥-ペリカン目トキ科 (7)
野鳥-ツル目ツル科 (0)
野鳥-ツル目クイナ科 (8)
野鳥-アマツバメ目アマツバメ科 (2)
野鳥-チドリ目チドリ科 (12)
野鳥-チドリ目セイタカシギ科 (11)
野鳥-チドリ目シギ科 (83)
野鳥-チドリ目タマシギ科 (6)
野鳥-チドリ目カモメ科 (29)
野鳥-タカ目ミサゴ科 (14)
野鳥-タカ目タカ科 (21)
野鳥-フクロウ目フクロウ科 (2)
野鳥-ブッポウソウ目カワセミ科 (0)
野鳥-キツツキ目キツツキ科 (0)
野鳥-ハヤブサ目ハヤブサ科 (2)
野鳥-スズメ目サンショウクイ科 (1)
野鳥-スズメ目サンコウチョウ科 (0)
野鳥-スズメ目モズ科 (2)
野鳥-スズメ目カラス科 (4)
野鳥-スズメ目ツリスガラ科 (1)
野鳥-スズメ目シジュウカラ科 (2)
野鳥-スズメ目ヒバリ科 (1)
野鳥-スズメ目ツバメ科 (1)
野鳥-スズメ目ヒヨドリ科 (2)
野鳥-スズメ目ウグイス科 (0)
野鳥-スズメ目エナガ科 (0)
野鳥-スズメ目メジロ科 (1)
野鳥-スズメ目ヨシキリ科 (2)
野鳥-スズメ目セッカ科 (3)
野鳥-スズメ目ムクドリ科 (0)
野鳥-スズメ目ヒタキ科 (10)
野鳥-スズメ目スズメ科 (5)
野鳥-スズメ目セキレイ科 (4)
野鳥-スズメ目アトリ科 (4)
野鳥-スズメ目ホオジロ科 (5)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら 20120911

Mon.24.11.2014 0 comments





IMG_4648 14s





スポンサーサイト

ハイタカ♂成鳥の狩り 20141101

Sat.15.11.2014 0 comments
ご無沙汰しております。
前回の「ハイタカ♂成鳥 20141101」
の詳細をご紹介・・・と言いつつ、ほったらかしてました。

毎日訪問してくださった方々に、本当に申し訳ないです・・・・
ゴメンナサイ


まずは、狩りの全ぼうを説明いたしましょう。
scan-13.jpg

場所は、干潟後背地の草地&休耕田。

この日、私は干潟とクリークに挟まれた道路(イラスト中の右側緑色の観察位置)から
後背地を見渡そうと車を止めた。
(後背地の方が低いので、背景と同化するとは言え、猛禽類を探しやすい)

場所に到着して車から降りたそのとき、
クリーク沿いの低木から急に騒がしい声とともにカワラヒワ30ほどの群れ!
と、同時にフワっと浮上する猛禽類!

大きさからハイタカだろうか?と検討をつけつつも、
今は識別よりも狩りの様子を見るべきだ!と、双眼鏡ではなく肉眼で追う。

その猛禽類はひらりと翼を翻して、反転!
カワラヒワの群れに2度突進するも狩り成功ならず、
3度目にはいかずに、そのまま近くの草地へ向かって降下した(イラスト中 トレース①)

手前の低木が邪魔になり、止まったかどうかがわからない。
ハイタカが降りた近くには車が止まっていた。
野鳥観察をしているのなら、気づいているはず。
この車が動くまではこちらも邪魔できないので、しばらく様子を見ることにした。

待つこと20分くらい・・・?
特に猛禽類の動きもないまま、車はその場所から姿を消した。

これはチャンス!

私は先ほど猛禽類が降下した草地近くに移動し、
しばらく車内から観察をすることにした。
(イラスト中、真ん中やや左側の位置)
今度は、休耕田側から草地を見るように車を止め、
止まってないかを探す。

見える場所にはいないようなので、静かに車から出て、
カメラをセッティング。

目の前の草地ではスズメがたくさんいるようで、
鳴き声だけが聞こえていた。

でも、一羽、また一羽と、休耕田との境界部に集まりだした。
IMG_6379.jpg

しかも、だんだんと鳴かなくなってきた。
それに、だんだんと、地面近くに集まっている(でも地上には降りない)。

そして、ふと鳴き声がすべて止まって、風の音と海鳥の声だけになった!

「来る!絶対来る!!」

一緒にいた相方に「来るはず!」と、言った瞬間、相方も「来た!」
(小声の会話です)

ファインダーの中では慌てふためくスズメたち!!
来てるのは確実なのに、姿がわからない!!
とにかくシャッターを切る!

ピントぶれぶれ・・
IMG_6381.jpg

と、一旦カメラから目を離してみると、
お芋の直上から、落下してきたハイタカ♂が目の前に!!
(イラスト中のトレース②)

14:54:00
IMG_6385.jpg

IMG_6386.jpg

IMG_6387.jpg

IMG_6388.jpg

急降下してきたものの、狩り失敗!

あきらめるのかと思いきや、
休耕田側に逃げたスズメに向かって再び脚を出して急接近!
IMG_6389.jpg

これまた失敗・・・・

ここで浮上。

IMG_6392.jpg

IMG_6393 dt

IMG_6394.jpg

14:54:04
IMG_6395.jpg


お芋の目の前に急降下してきて、2度スズメを襲うも狩り失敗。
あきらめて浮上するまでの時間は、4秒。


狩りをあきらめたハイタカ、そのまま近くの低木に止まった。
(イラスト中のトレース②からの止まり)

IMG_6405.jpg

しばらく止まっていたハイタカですが、
止まり位置から北西方向を一点集中で注視。

じわりと前傾姿勢になり、そのまま注視方向へと飛び立った。
(イラスト中のトレース②止まり後の飛行)

IMG_6406.jpg

IMG_6407.jpg

IMG_6408.jpg

IMG_6413.jpg

IMG_6415.jpg

IMG_6416.jpg

IMG_6418.jpg

しばらくして地表近くまで高度を下げ(急降下はせずに)、
IMG_6422.jpg

地表すれすれを加速。
IMG_6428.jpg

さらに急加速した瞬間、手前の草で見えなくなるが、
入れ替わりにカルガモが飛び立った!!
IMG_6433.jpg
(この写真にはカルガモのみで、ハイタカは写っていません)

「え?カルガモ襲ったの?」
と、思ったが、カルガモと一緒にキジバトも慌てて飛び出す。

カルガモを追い越すキジバト!
そのキジバトを追って、ハイタカが猛突進!!

(カメラはここで断念。)

30mほどキジバトを追跡したものの、
またも仕留めることができずに狩り失敗のまま、
このハイタカは後背地から姿を消しました・・。

残念無念。



オマケ

この草地、ハイタカだけでなく
猫さんもやってきてました。
しかも、獲物を狙う低姿勢♪
IMG_6368.jpg

IMG_6372.jpg

うちのハナチョン(新しい家族です)に似てるね。



おしまい



ハイタカ♂成鳥 20141101

Sun.02.11.2014 0 comments
Canon EOS7D
Canon EF400mmF2.8LⅡ
Canon エクステンダー EF1.4X Ⅲ
※トリミングしました





干潟の後背地。
休耕田とセイタカアワダチソウ等の背の高い草原との境界部でのハンティングです。
スズメの群れを狙っていました。

ハイタカが来る直前の、沈黙・・・・

スズメの群れの動きに変化があり、そのあと一斉に静かになる・・・。

あの沈黙が、最高にドキドキわくわくする瞬間です。

スズメたちのおかげで撮れた写真です。


前後のピンぼけ写真と併せて、
後日詳しく記事にしますね♪


IMG_6393 dt

topTop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。